日付選択ツール マルチプラットフォーム設計のベストプラクティス

マルチプラットフォームデザイン

日付セレクタ - マルチプラットフォーム設計のためのベストプラクティス

日付の選択などという単純なものが、ウェブサイトにとって重要な問題であるとは思わないかもしれません。しかし、通常は問題にはならないかもしれませんが、あまりにも面倒であったり、継続的にエラーが発生したりすると、クライアントをいらだたせる可能性があります。また、不正確な情報を収集することになれば、データの整理や修正という付随する問題も発生します。

では、この特殊な機能に最適な形式は何でしょうか。簡単な答えは、モバイル化する場合、デバイスごとに異なるソリューションがあり、その場合でも、最良の結果がハイブリッドである場合があるということです。

マルチプラットフォーム・デバイス・アクセス

ラップトップやデスクトップ環境では問題なく動作するものが、モバイルの小さな画面やタッチスクリーンデバイスの感度には全く適さない場合があるためです。ユーザビリティ、スペース、そして正確さにおいて、異なる方法を採用することは、ある種の矛盾をはらんでいます。ユーザーが自分で日付を入力するためのボックスを用意するのは、最もシンプルでスペース効率も良いのですが、入力に不慣れな人にとっては時間がかかり、入力ミスも起こりがちです。多くのサイトでは、ポップアップ式のカレンダーを使うことで、このオプションを提供しています。しかし、モバイル機器では、このポップアップが問題となり、画面の大部分を占め、正確さを欠くため、不正確なデータを取得したり、ユーザーが何度も選択しなければならず、不快な思いをする可能性があります。

デフォルトを使用

デフォルトは、日付選択機能の提供におけるもうひとつの大きな問題です。少なくとも、検索に関連する日付入力のデフォルトを現在の日付にする必要がありますが、日付選択で検索するためのパラメータを定義することも重要です。そうしないと、ユーザーはいつからいつまで検索できるかを確認するために多くの時間を費やすことになります(つまり、ユーザーがその気になれば、ほとんどの場合、アプリを終了するだけです)。最も効果的な方法は、カレンダーのデザインで、検索できない日付をグレーアウトし、検索できないようにすることです。

モバイルスクロール

モバイル端末用のデーターピッカーは、一般的にスクロール式のカレンダーを採用しており、スペースが小さく、柔軟性とスピードが最大になるようになっています。しかし、すべてのカレンダー機能で問題となるのは、日付が過去や未来など少し先の場合、該当する時間帯までスクロールしたりクリックしたりするのに時間がかかることです。そこで、日付を入力すると該当するカレンダー画面が表示され、日付や曜日などを確認することができる仕組みを用意しました。この仕組みを応用して、月が重なっている連続スクロールカレンダーにすると、月ごとに表示するのではなく、次から次へと表示させることができます。

いつものように、日付セレクタをどのような目的で使用するか、また対象となるユーザーがどのような人たちであるかによって、選択基準が変わってきます。より洗練され、熟練したユーザーであれば、たくさんのカレンダー画面を検索したりスクロールしたりするよりも、自分で情報を入力するほうが楽しいでしょう。もし、日付の選択がサイトやアプリの重要な(あるいは唯一の)存在理由であるなら、できる限りアクセスしやすく、直感的でシンプルなものにすることが重要です。

私たちは、この分野だけでなく、さまざまな分野で豊富な経験を持っています。ウェブサイトのユーザビリティに関して、より詳細な情報やアドバイスをお求めの場合は、当社の豊富な知識をご活用ください。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。