デジタルトランスフォーメーションとは別の呼び方

デジタル変換

自分たちがやっていることをデジタルトランスフォーメーションとは思っていないかもしれない

あるクライアントとランチをしながら、大成功を収めたプロジェクトについて話をしました。私たちが取り組んでいるプロジェクトの次のステップについて話しているうちに、彼がデジタル・トランスフォーメーション・プロジェクトについて説明していることが明らかになりました。彼はそのように見ていなかったのです。彼にとってそれは単なるデジタル・プロジェクトでした。

私たちの役割は、新しいWebサイトを開発する前にユーザー調査を行い、開発中にユーザビリティテストを実施することでした。このプロジェクトの次のステップは、ビジネスプロセスや組織構造に影響を与える、下流のデジタル機能の活用を開始することでした。もちろん、最近のほとんどのデジタルプロジェクトは、ビジネスプロセスや人々に影響を与えるものではありませんし、だからこそ、サービスデザインはこれほどまでに勢いがあるのではないでしょうか?

私たちのクライアントが実行している多くのデジタルプロジェクトは、変革をもたらすものですが、デジタルトランスフォーメーションプロジェクトとは呼ばれていないようです。これは、一部の組織がサイロ化から抜け出せず、変革によってもたらされる恩恵が減少していることが原因だと思います。

例えば、私たちは定期的に、ウェブサイトを訪れる消費者のために新しい機能や特徴に関するユーザビリティ・テストを実施しています。例えば、バスルームのデザイン、セキュリティシステムの設定、デザインなどを視覚化する複雑なコンフィギュレーターのテストも行っています。消費者は、手にした機能に圧倒され、それを提供したブランドに対して、より好意的になることが多いのです。

多くの場合、そこで開発が終了してしまいます。デジタルプロジェクトは、ウェブサイトがデジタルに収まり、オペレーションが何か別のものになることで終了します。もし、コールセンターと営業チームが、問い合わせのフォローアップのために電話をかけたときに、消費者のデザインを見ることができたらどうでしょう?また、営業担当者がアポイントメントを取る際に、タブレットPCでそのデザインを見ることができたらどうでしょう?これがデジタルトランスフォーメーションであり、組織全体がプロセスを変え、従業員がよりよい仕事ができるようにするものです。

大規模なデジタル変革プログラムでも、小さなデジタルプロジェクトでも、私たちはユーザーを理解し、彼らをプロセスの一部にするお手伝いをします。お問い合わせはこちら +44(0)800 0246 247またはEメール hello@ux247.com 私たちは、大小さまざまなブランドに対して、定期的にユーザー調査を実施しており、あなたからの連絡をお待ちしています。

関連記事

コメントを残してください。