リーンUX - 誰もがデザイナーになれるのか?

リーンユーズ

リーンUXとは、誰もがデザインをしなければならないということなのでしょうか?

リーンUXの主要な原則の1つは、デザインプロセスにおけるチームコラボレーションです。これは、このテーマに関する書籍や記事では、誰もがデザイナーになれることを意味するものとして、しばしば特徴づけられています。これはコンセプトとして完全に否定されるべきものではありませんが、必然的にこれほど単純ではなく、コラボレーションが正しく機能するためには、その意味と実用性を説明し、理解する必要があるのです。

また、何をもってデザインというのか、という問題もあります。デザインとは、画面や紙の上に何かを書き出すという物理的な行為を指すのでしょうか?それとも、最初のアイデアやコンセプトから、最終的なテンプレートの批評、微調整、調整まで、その間にあるすべてのプロセスや貢献を見渡す、より抽象的で広い定義があるのでしょうか?

リーンUXのアプローチ全体は、ノンデザイナーとデザイナーをデザインプロセスに参加させ、組織のさまざまな分野から専門知識を引き出して、最終デザインでより情報に基づいた丸みのある製品を手に入れるというものです。多くの場合、ノンデザイナーがウェブサイトのデザインを目にする頃には、すでに多くの考えや作業が行われています。このような場合、2つのことが生じます。それは、すでに関与しているデザイナーがある程度の保護と硬直性を持っていることと、誰かが異なる意見や新しい視点を持ったために、高価な作業の多くを放棄することに消極的であることです。

企業組織内にはさまざまな性格分類があり、それらは多かれ少なかれ創造的な側面に傾くでしょう。様々な分類の詳細は省きますが、指導と管理、チームワークとコラボレーション、創造性、問題解決、実践(単に物事を行うこと)などの特徴を持つグループに分けられる傾向があります。これらの役割のいくつかは、デザインプロセスへの統合に非常に適しています。明らかに、創造性、問題解決、アイデアの実行は常に重要です。しかし、一見するとあまり関係がなさそうな他のスキルも、デザインプロセスに大きな価値をもたらす可能性があります。

ビジネスの全体像や企業の目的・目標に関する知識は、その達成を支援するサイトデザインにとって非常に重要であり、その概要を説明できるのは、部門管理者かもしれません。また、マーケティング、販売、生産、顧客サービスなどの特定の部門は、インターフェイスがどのように機能するかに大きな関心と発言力を持ち、特定の提案やレイアウトに対して顧客がどのように反応するかを判断する上で、その視点は貴重なものとなります。

ノンデザイナーがプロセスに参加し、初期のコンセプトやデザインを批評するという単純な行為は、ユーザーや顧客との関係においてサイトがどのように機能するか(または機能しないか)についての有益な洞察を得ることができるのです。専門家であるデザイナーは、特定の視点からプロジェクトを見る傾向があり、(驚くことではありませんが)デザイン原則に偏っています。しかし、これらの原則に最も適合するものが、必ずしもビジネスや顧客にとってベストであるとは限りません。他の視点をできるだけ早く取り入れることが重要であり、これがリーンUXが重要な貢献をする分野の1つです。

では、誰もがデザイナーになれるのでしょうか?もちろん、誰もがそのプロセスに参加することはできますが、最終的な仕上げは専門家に任せるのがベストです。

リーンUX、チームのUX能力、デザインプロセスへの適用方法について、より詳しい情報をご希望の方は、電話(+44(0)800 0246 247)、またはEメールでお問い合わせください。 hello@ux247.com そして、このアプローチがお客様のウェブサイトデザインにどのような価値をもたらすかを理解するお手伝いをします。

関連記事

コメントを残してください。