国際的なユーザー調査のリソーシング

国際ユーザー調査

国際的なユーザー調査プロジェクトのリソースを確保する方法

リソーシング 国際ユーザー調査 プロジェクトの最終的な成功のカギを握るのは、その人たちです。自社のスタッフを使うにせよ、調査の管理や実行のために雇った英国のコンサルタントを使うにせよ、あるいは海外の代理店に現地での調査を代行してもらうにせよ、彼らの知識や意見は、プロジェクトの枠組みや進め方、ひいてはその最終的な達成度にとって極めて重要なものとなります。

例えば、社内に必要なレベルの専門知識や人数がいない場合、外部の支援を求めざるを得なくなります。また、対象となる市場について英国内で十分な知識が得られない場合、海外の支援を求めざるを得なくなることもあります。

国際的なUXリサーチプロジェクトのリソーシングでは、このような組み合わせが可能です。

あなた自身のチーム

これは最も費用対効果の高い方法ですが、おそらく最も制限の多い方法でもあります。テストしたい国際市場のすべてに精通し、その文化や言語に精通し、発生しそうな問題をすべて把握しているスタッフがいる可能性は、かなり低いと思われます。しかし、必要な専門知識のかなりの部分を社内に持ち、残りの部分を容易に習得・管理できるようなプロジェクトを管理する場合には、効率的かつ効果的な選択肢となり得ます。また、プロセス全体をコントロールし、直接的な影響を与えることができます。

UXアライアンス

これは、国際的なUXリサーチプロジェクトをサポートし、情報を提供し、一緒に働くことができる、世界中をカバーするエージェンシーのネットワークです。品質、知識、カバー範囲など、未知の部分が多いので、大きなリサーチに取り組む前に、小さなタスクで試してみるのもよいかもしれません。

お客様が管理する代理店プロジェクトの集合体

これは、UXアライアンスと同様のサービスを提供するものですが、エージェンシーは貴社が厳選し、管理するため、タイミング、方法、オペレーターなどに関してより多くの発言権を持つことができます。デメリットは、スタッフの採用や審査に時間と費用がかかることです。また、この種の活動に経験がない場合、非常に負担がかかり、最終的には欠陥が生じる可能性があります。

フリーランサー

これは高価なオプションですが、適切な人材に巡り合えれば、成功の鍵になります。この場合、採用は非常に重要で、専門知識、専門性、対象市場への精通だけでなく、管理能力、チームとの関係、指示を受ける能力、コミュニケーション能力など、個人の要素も意識する必要があります。

国際的なUXリサーチ会社

このオプションには当然ながらコストがかかりますが、成功の可能性が高まることと比較検討する必要があります。1つのエージェンシーを採用することで、プロジェクトのコントロールと一貫性が高まり、進捗状況や方向性に関するコミュニケーションも容易になります。代理店は、必要な市場への信頼できるアクセスや、現実的な問題に対処する経験を持っている可能性が高いのです。

研究戦略の詳細については、こちらをご覧ください。 国際ユーザー調査報告書.

最終的にどの選択肢を選ぶにせよ、ニーズを明確にし、それぞれのパスの限界と起こりうる問題を理解することが重要です。組織的な要件と選択肢に関する非公式なディスカッションをご希望の方は、電話 +44(0)800 0246 247、または電子メールでお問い合わせください。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。