人工知能(AI)とUXデザイン

人工知能(AI) は、データを選別、分析、推定し、操作から有用かつ論理的な結論を導き出すことができる、人間の行動をエミュレートする高度なコンピュータプログラムまたはシステムです。

AIがユーザーインターフェースに採用されるようになったのは、さまざまな理由があります。

  • 送信元で対応できない問い合わせが、ライブオペレーターに回されるのを防ぐことができます。
  • AIができるため、ユーザーへの積極的な対応が可能になる ユーザーデータの解析と解釈 また、それに基づく提案や情報提供を行います。
  • を提供することができます。 ヒューマンフィーリング を、人が介在することで発生する遅延やミスをなくし、顧客対応につなげることができます。
  • できます。 ユーザーニーズを先取りする を、ユーザーが実際に要求する前に、選択肢や有益な情報を提供することです。
  • することができます。 個人向け 実際に人と話すのが苦手で、自分で情報を探したいと思っている人もいます。
  • AIがアクセスし 大量のデータを高速に処理する 例えば、過去の販売履歴を検索し、個人情報を提供することで、ユーザーが注文のために繰り返し情報を提供する必要がなくなります。
  • また、AIは、ユーザーが知りたいことを知るために、いくつもの画面や操作をする必要をなくすことができます。

AIがUXデザインに与える影響とは?

まず最初に。 デザイナーズ ウェブサイトをデザインする際には、より抽象的に、3次元(あるいは4次元)で考え始める必要があります。リンクやナビゲーションについて考えるのではなく、インタラクションやユーザーのニーズや要件について考える必要があるのです。ウェブでは、スピードがますます重要視されるようになり、ユーザーが望むものを最小限の努力で素早く検索し提供できれば、そのサイトはより良く認識されるようになります。実際、多くの専門家は、そう遠くない未来に、AIの洗練度とスピードが、ブランドや製品の判断基準になると考えています。

2つ目の重要な問題は、伝統的な考え方からの脱却に関するものです。 マーケティング ブランド/プロダクトをAIはプル型というよりプッシュ型の技術です。忙しい人々は、ある種の基本的な(そしておそらくそれほど基本的でない)判断や選択肢が用意されているか、すでに用意されていることを期待し、より重要な判断や活動に取り掛かることができます。彼らは、価格、外観、品質、イメージといった従来の基準ではなく、誰のAIアプリが自分のニーズを正しく予測・解釈し、オーダーメイドの答えを提供してくれるかで判断する可能性が非常に高いのです。

デザイナーやマーケティング担当者は、ユーザーがそのことに気付く前に消費者の欲求を予測し、新しい製品や既存の製品の改良・改善を提案することが必要になります。

WebサイトへのAI導入を検討されている方、AIについてもっと知りたい方は、下記までお電話ください。 +44(0)800 024624 またはEメールでお問い合わせください。 hello@ux247.com

関連記事

コメントを残してください。