よくあるUXの誤解

UXの誤認識

ユーザー・エクスペリエンス(UX)が表現され、詳細な概念として存在する以前から、ユーザー・エクスペリエンス(UX)とユーザー・インターフェース(UI)の間には常に混乱があり、両者が一体何であり、何を意味しているのかがよくわからない状態になっていました。このような誤解は今でも多く存在し、以下に最も一般的な誤解を挙げます。

  • まずは、上記で確認されたものから見ていきましょう。 ユーザーエクスペリエンスとユーザーインターフェースは基本的に同じものです確かに、良いユーザーインターフェースは良いユーザーエクスペリエンスに貢献しますが、この2つは交換可能ではありません。ユーザーインターフェースは、全体的なユーザーエクスペリエンスの一部でしかありません。それは、目に見えるシステムの顔と手ですが、UIの一部ではない、全体的なユーザーエクスペリエンスに貢献する他のものがあります。
  • UXデザインはプロセスの最初に行われるが、継続する必要はないこのような考え方では、当初は実用的なサイトができても、常に適切で効果的、かつレスポンシブなサイトを維持するためには、常に適応と反復が必要になります。ユーザーの満足度を高めるには、ユーザーエクスペリエンスをサイトの設計と開発の中心に据え続ける必要があります。
  • 以前から有効なものは、今後も有効に機能するたとえ、より充実した選択肢があったとしても、特定のデバイスやコンポーネントがユーザーに満足を与え続けると仮定すること、ユーザーが永遠に特定の方法で行動し続けると仮定すること、ユーザーがコンテンツよりもビデオを、複雑さよりもシンプルさを求めると仮定することなど、この見出しに該当するものは数多く存在します。ウェブが一般的な目的地となって以来、オンライン上の風景は大きく変化してきました。優れたユーザー・エクスペリエンス・デザインは、市場とユーザー環境を常に監視し、サンプリングして、その方向性と必要なものを見極めていくものです。
  • ホームページは最も重要なものです: まあ、必ずしもそうではありません。最近の多くのホームページは、ユーザーフレンドリーで便利なツールというよりも、企業のステートメントであり、ユーザーが本当に興味を持っていることは、その先や中にあるのです。ポータルサイトとしては便利ですが、本当に役に立つもの、売れるものは、サイトの別の場所にあるはずです。
  • ユーザーがスクロールダウンしないしかし、ユーザーはより洗練された知識を持ち、彼らが望むものを提供すれば、要求を満たすまでコンテンツを追求するようになりました。このことからも、常に市場の動向を把握し、ユーザーが何をしているのか、何が彼らの目標達成に役立つのかを把握しておく必要があります。

ユーザー・エクスペリエンスを誤解すると、ユーザーの意見や調査を過小評価し、サイトの潜在能力を向上させ、最大化させる機会を逃してしまう可能性があります。ユーザー・エクスペリエンスについて、またその測定方法や活用方法について詳しくお知りになりたい方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。 hello@ux247.com.

関連記事