チャットボットを使いやすくする

人工無脳

チャットボットのUXを向上させるためのヒント

として チャットボット は比較的新しく開発されたものであり、その設計と機能に関して採用された一連の共通基準や慣例はまだありません。また、ユーザーテストやユーザーエクスペリエンスは、これらの基準や原則の形成に大きく貢献することでしょう。

一方、サービス中のチャットボットからはすでに学習結果が得られており、消費者との対話の結果から、いくつかの基本的なルールを適用することができます。

ここでは、あなたのボットを確実にするためのいくつかのヒントを紹介します。 使用できる と親しみやすい。

  1. チャットボットに不要な質問をさせない名前や住所などの基本的な情報を取得したら、ボットがその情報をユーザーの残りのデータとリンクさせ、さらにクエリーを続ける必要がないようにします。
  2. として、議論の導入文にする。 かんけつめいりょう 可能な限り、すぐに関連する問題だけに取り組み、ユーザーが何を得られるかを正確に知ることができるようにすることです。
  3. ロボットが実現できない期待を持たせない 例えば、あるトピックに対するフォローアップの質問に答えられない場合、最初に印象づけ、その後失望させるような能力をボットに与えてはいけません。ボットの能力は一貫性があり、論理的でなければなりません。そうでなければ、ユーザー体験はフラストレーションのひとつになってしまいます。
  4. 相対的な維持 あんていせいじん - 最初はフレンドリーなチャットモードで始めて、途中から技術的またはフォーマルな言語に変更することは、ユーザーを混乱させ、困らせるだけです。
  5. 業界用語やビジネス用語に支配されることなく、ユーザーが抱きそうな疑問や問題を予測し、自然な言葉で回答するようにしましょう。
  6. 質問に対して適切な回答ができるようにヒントを与える - 問題を説明し、ロボットが期待し、作業できるような答えを出すようにします。
  7. チャットボットが何をしているのかユーザーに知らせる検索中、回答中、選択リスト作成中の場合は、その旨をユーザーに伝えると、接続が切れたと思って終了する可能性が高くなります。
  8. エラーを修正する機会を提供するまた、ユーザーがチャットボット環境でより快適で安全だと感じられるように、バックトラックやアンドゥのアクションを行うことができます。
  9. メッセージは短く、適切なものにする多くのユーザーは、長い文章を読むのを嫌がるでしょうし、何かを読むためにスクロールする必要はないはずです。
  10. ユーザーを巻き込む ボットに質問された人は、予測できない質問をする可能性が高いので、それに答えられるようにするか、少なくとも人間的な態度で取引に参加できるようにする必要があります。
  11. テスト、再テスト、修正 ボットが稼働している間でも、どのように動作しているか、どのようなユーザー体験を提供しているか、人々が何を好み、何を好まないかについてのフィードバックや意見を得ることができます。このような情報をもとに、可能な限りサービスの改善に努めましょう。

チャットボットはエキサイティングな開発ですが、負債ではなく資産となるよう、慎重に考え、計画し、継続的にテストと見直しを行う必要があります。チャットボットの導入について詳しく知りたい方は、電話(+44(0)800 0246247)またはメール(+44(0)800 0246247)でお問い合わせください。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。