会話型インターフェイスのテスト

ユーザビリティテスト・チャットボット

チャットボットのユーザビリティテスト

チャットボット は偉大な革新であり、業界がどこへ向かおうとしているのかを示す指標であることは間違いありません。しかし、チャットボットは比較的初期段階にあり、その展開やユーザーとの対話において、エラーや本格的な災害が発生する可能性も十分にあります。ここ数ヶ月の間に、チャットボットがうまくいかなかったという事件がいくつかあり、そのうちの1つは、チャットボットがサービスから取り下げられたほどです。そのため、提供物を一般公開する前にユーザビリティテストを行うことは、開発における重要な要素となっています。

しかし、このユーザビリティ・テストをどのように行い、どのような種類の問題をテストする必要があるのでしょうか。

チャットボットの機能にはいくつかの重要な要素があり、プロトタイプを設計しテストする際には、これらを鋭く意識する必要があります。

  • コンテキストの理解。 ボットは、質問が来る環境を理解し、ユーザーの期待やニーズを考慮する必要があります。ボットは、会話の文脈を見ることで、時には混乱した文章や要求から意味を組み立てることができるはずです。
    このテストは、会話を始めてから、少しずれた質問や紛らわしい言葉を投げかけ、ボットがそれらにどう対処するかを見ることで行うことができます。もし、応答ができない、あるいは無意味な返答が続くようであれば、ボットの文脈理解が不十分であると考えられます。
  • ユーザーの意識。 ボットには、相手が誰であるかを認識し、それに応じた言葉遣いや対応をする必要があります。ボットは、同じ場所でも複数の人に使われる可能性が高いので、ユーザーを認識して適切に対応できる必要があります。例えば、子供と大人を同じように対応させることはできないでしょう。そのため、ボットは以前の入力から身元を確認し、話しかけている人の要望や特徴を理解する必要があります。
  • インテリジェンス。 最後に、ボットには、リクエストを処理し、理解し、正確に応答するために必要なレベルの人工知能が必要です。学習と適応の能力は、ユーザーをイライラさせないサービスを提供するために非常に重要です。ユーザビリティテストを実施することで、ボットがユーザーの役に立つのか、それとも迷惑な存在なのかを判断し、より受け入れられやすいように改善するためのヒントを得ることができます。

これは多くの潜在的な問題を抱える分野ですが、適切に実行されれば大きな配当を得ることができます。チャットボットの会話の設計とユーザビリティテストの詳細については、+44(0)800 0246247までお電話いただくか、下記までメールをお送りください。 hello@ux247.com を、私たちの会話に使ってください

関連記事

コメントを残してください。