英国におけるユーザビリティ・テスト

英国におけるユーザビリティ・テスト

英国で、実際の顧客と現地のシニアUXリサーチャーと一緒に、リモートまたはラボベースのユーザビリティテストを実施。

イギリスはUX24/7のホームマーケットであり、最大のカントリーチームを擁しています。UXリサーチやユーザビリティ・テストの実施をお考えの企業様には、ぜひとも当社をご利用ください。

UX24/7はグローバルなデザインリサーチ会社であり、シニアUXリサーチャーで構成される独自のチームによって運営されています。すべてのシニアUXリサーチャーは、私たちが期待する高い水準でユーザビリティテストとUXリサーチを提供するためのスキル、能力、経験を持っていることを保証するために、入社プロセスの一部として評価されています。英国チームの経験、スキル、能力は、他の追随を許しません。また、大規模なチームであるため、急な要件が発生した場合にも対応することができます。

英国におけるリモートおよびラボベースのユーザビリティ・テスト

英国では、リモートとラボの設備を利用して、ユーザビリティテストとUXリサーチを実施しています。リモートメソッドでは、オンライン画面共有技術を使用し、英国では、よく知られ、多くの人に使用されているZoomを使用しています。そのため、時間通りにセットアップしてセッションに参加させるという問題はほとんどありません。

ラボベースのテストでは、お客様が必ずしもロンドンに縛られることを望んでいないことを認識しています。ロンドンは首都ですが、エディンバラ、グラスゴー、バーミンガム、マンチェスター、リーズ、ブリストルといった他の主要都市も、英国でのユーザビリティ・テストの人気スポットとなっています。私たちは、クライアントが調査を行いたい施設を利用するように設定されており、私たちが利用する様々な異なる施設の設定で動作する様々な高度なテストキットを有しています。

どのような場合でも、ピクチャー・イン・ピクチャー方式のビデオと、必要に応じてお客様の母国語への同時通訳を含む視聴体験を提供します。また、セッションの録音は、英語のオリジナルと同様に、あなたの母国語でも提供されます。

最後に、シニアUXリサーチャーがセッションから詳細な分析を行います。私たちの成果物には、観察結果や問題点、分析結果、実行可能な推奨事項などが含まれます。英国のチームは英語を話し、一部はバイリンガルなので、翻訳者なしで英語と他の言語のプレイバックセッションを提供することができます。

さて、何を待っているのでしょうか?英国でユーザビリティ・テストを実施するのであれば、私たちにお任せください。

UX24/7とは数年来のお付き合いですが、新しいプロジェクトが始まるたびに、明確で簡潔、そして何より実用的な知見を提供してくれるので、当社のデジタル活動を前進させるのに役立っています。

ディクソン・カーフォングループ シニアインサイトマネージャー マーク・ハミルトン氏

英国でユーザビリティテストを行った際のラボの写真

英国ロンドンの施設でのユーザビリティ・テスト
英国リーズの施設でユーザビリティテストを実施
英国ノッティンガムの施設でのユーザビリティ・テスト

イギリスに関するQ&Aをご紹介します。

  • 主な使用言語 イングリッシュ
  • 人口が多い。 68,195,703
  • 首都 ロンドン
  • 二次的都市。 バーミンガム、マンチェスター、グラスゴー
  • 使用される通貨/貨幣単位。 ポンド
  • リテラシー 99% (2020年予定)

世界のどこにあるかというと、イギリス(UK)です。

世界の中のイギリスの位置を示す地図
イギリス国旗

英国(UK)のUXリサーチとユーザビリティ・テスト

英国の参加者は、セッションに早く到着する傾向があります。それでも、通常、募集した6名に対して1名の待機者がいます。これは、欠席やキャンセルがあった場合に、サンプル数を確保するためです。

英国では、ほとんどのユーザビリティ・テストを日中または夜間に実施することができます。ただし、子供とのセッションを行う場合は、保護者の監視のもと、週末に予定する必要があります。

参加者へのインセンティブは、ラボ施設でのユーザビリティ・テストの場合、通常、現金で支払われます。オンライン・リモート・セッションでは、通常、銀行振り込みによるオンライン決済が行われます。バウチャーも使用されますが、金銭ほど頻繁ではありません。

英国の研究施設では、通常、追加料金なしで視聴用スクリーンを提供しています。また、録音を無料で提供してくれるところもあります。

英国の参加者は、一つの性格に固執しない。一人のサンプルの中に、生意気で率直な人から、臆病で寡黙な人まで、あらゆる人が含まれているのです。後者の場合、タスクに苦戦している人が、礼儀正しくて言いにくいということもありえます。調査を行う際には、このことを念頭に置き、率直さと正直さを奨励する準備をしましょう。

英国は多文化社会であり、多くの住民が他の国で生まれています。英国生まれの参加者のみを募集したい場合は、スクリーナーでその旨を明確にする必要があります。ロンドンは特に多文化であり、英国の他の地域、特に地方を必ずしも代表しているわけではありません。

国民の祝日

1月1日 元旦
イースターサンデーの2日前 聖金曜日
イースターサンデーの1日後 イースターマンデー
5月第1月曜日 メーデー・バンクホリデー
5月最終月曜日 春のバンクホリデー
8月最終月曜日 晩夏のバンクホリデー
12月25日 クリスマスの日
12月26日 ボクシングデー

ケーススタディ英国におけるユーザビリティ・テスト

イギリス(UK)は、当社が企画し、提供している市場のひとつに過ぎません。 国際的なユーザーエクスペリエンス調査 とユーザビリティ・テストを行っています。イギリス国内、またはその他の地域でのご要望がございましたら、下記のフォームよりご連絡ください。