ラピッドレスポンス・ユーザーテスト

ラピッドユーザーテスト

お問い合わせから4日後にラボでユーザーテストを行います

もちろん、すべてのクライアントにとってユーザーテストが最重要課題であることは言うまでもありませんが、現実はそうではなく、私たちがこのような運用モデルを作り上げた理由でもあります。

先週は、UX24/7の典型的な週でした。またしても、ほとんど予告なしに、信じられないほどタイトな時間枠でプロジェクトが舞い込んできたのです。木曜日の夜に電話がかかってきて、翌週の早い時間にユーザーテストを実施できないか、という依頼でした。一連の出来事は次のように展開されました。

  1. 電話をしながら募集要項を作成しました。
  2. 私たちは、リクルートスクリーナーを起草し、リクルートパートナーに連絡して、協力してもらえるところがないかどうかを確認しました。
  3. 翌日にクライアントとの説明会を予定していた。
  4. クライアントが閲覧を希望していた)研究施設を探し出し、確認待ちの状態で予約した。
  5. ユーザーテストの商業的な詳細をすべて記述したSoW(Statement of Work)を作成し、クライアントに送りました。
  6. 金曜日にはプロジェクトの確認と、署名入りのSoWが届きました。
  7. 研究施設を予約し、募集を開始しました。
  8. 説明会を開催し、研究計画書の作成に取りかかった。

そして、週末に休養をとりました

今週は、最初のお問い合わせから4営業日目の水曜日に、クライアントのためにプロジェクトを実施する予定です。このプロジェクトを担当するプラクティショナーは、この種のユーザーテストに20年以上の経験があり、1日に6つのセッションをモデレートした後、分析と提言を行う予定です。このようなことができるのは、当社の運用モデルがこの種の要件に対応できるように設定されており、問い合わせがあったときにどのように対応すればよいかを知っているからです。

もし、あなたがユーザーテストを最後まで行わなかったとしても、ユーザーテストを確実に実施し、価値を提供したいとお考えでしたら、今すぐ私たちにご連絡ください。 +44(0)800 0246 247または、hello@ux247.com までご連絡ください。弊社では、シニアチームにより、品質に妥協することなく、非常に短いターンアラウンドサイクルでユーザーテストを定期的に提供しています。

関連記事

コメントを残してください。