マルチチャネル・リテール体験

マルチチャンネル・リテイル・エクスペリエンス

マルチチャネル・リテール体験

マルチプラットフォームとは対照的に、マルチチャネルの小売業は新しい概念ではなく、かなり長い間存在してきた。おそらく、1930年代にイギリスで最初の小売業者が通信販売カタログの制作を決めたときから(通信販売カタログはこれよりずっと前から存在していたが)。それ以来、そしておそらくそれ以前から、小売業者は自社製品を販売するための新鮮な出口と新しい方法を常に探し求めてきたのです。インターネットが登場するまでは、テレビが実験的な機会を提供することはあっても、通信販売カタログ以来、この分野ではそれほど多くのイノベーションは起こっていなかった。しかし、技術革新のスピードが速くなり、WWWが登場すると、すべてが変わってしまった。

ウェブは、新しい販路の可能性を提供し、新しい顧客に大量に接触させるだけでなく、小売業者にとって、実店舗や顧客との直接的な接触がもはや売上に不可欠とは見なされない、まったく新しい世界の可能性を示していたのです。そして、顧客は同じ町や地域、あるいは国にいる必要はないのです。ハイパーマーケットが、物理的なショッピングの概念を、小さな専門店がたくさんある町の中心部から、さまざまな商品がひとつ屋根の下にある郊外へとシフトしたように、インターネットは物理的なマーケットプレイスから完全にコンセプトをシフトさせたのです。

これまで、リトルウッズやウールワースといった有名ブランドが、路面店の経営に失敗し、オンラインショップに移行するなど、一方通行が主流でした。しかし、現在では、AmazonやAsosといったオンライン小売業の大手企業が路面店の出店を検討するなど、流れが少し変わりつつあるようです。小売業界と不動産業界のアナリストの間では、この傾向は他の大手オンライン小売業者も追随し、路面店の復活とマルチチャネル・リテールへの新たな関心の到来を告げるものであるという見方が強まってきています。

この分野では、ある程度、Argosのチェーンが道を示しています。Argosは、カタログ通販が一般的でなかった時代にカタログ通販を手がけましたが、路面店での存在感とカタログ通販のコンセプト、そしてインターネットが新たな道を開いたときにオンラインというコンセプトをうまく融合させました。インターネットが普及し、路面店が減少する中で、ブランドやビジネスに大きなダメージを与えることなく、3つの事業の両立を続けています。

例えば、ファッションや高価な宝飾品の小売業者は、実際に商品を見たり、扱ったり、身につけたりすることで利益を得ることが多いからです。とはいえ、Argosは、ハイストリートの店舗で商品を見たり扱ったりするための設備を制限しているとはいえ、かなり多様な商品を提供しています。

この逆方向の統合は、クリック・トゥ・ブリックやイーテイル・トゥ・リテールとして知られ、物理的な施設をオンラインビジネスに統合して、顧客に完全なショッピング体験を提供することが、この分野の未来だと考えるアナリストもいます。このコンセプトの基本は、バイヤーがインターネットを使って欲しい商品を特定し、その後、ハイストリートの店舗を訪れて実際に商品を見たり試したりして購入するようなものである。その前提は、個々のチャネルが互いに補完し合い、競合したり分離したりしないことで、あるチャネルで注文・購入した商品を別のチャネルで回収・返品・交換することができます。これにより、インターネットの利便性と普遍性、そして街角ショッピングの個性と楽しさが融合されることを期待しています。

私たちは、マルチチャンネルリテールの経験など、様々な分野で豊富な経験を持っています。ウェブサイトのユーザビリティに関して、より詳細な情報やアドバイスが必要な場合は、私たちの豊富な知識を活用することができます。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。