AxureRPはプロトタイピングに最適なツールですか?

アクセア・プロトタイピング

AxureRPはプロトタイピングに最適なツールなのか?

その昔、Webサイトのデザインは、開発者もクライアントも、サイトの構造、外観、雰囲気を伝えるためのワイヤーフレームのプロトタイプで満足しなければなりませんでした。それ以外のものはなく、ワイヤーフレームは(限定的ではあるものの)提案書を見るのに便利な方法でした。しかし、ワイヤーフレームの主な問題点は、ウェブページがどのようなものかをクライアントに示すことができず、技術的な知識が乏しいユーザーにはコンセプトを理解し視覚化することが難しいということでした。また、ワイヤーフレームは説明のための注釈が多く、不慣れな人にとっては面倒で困難なものでした。このように、ワイヤーフレームは制限が多く、説明しにくいため、対話とコミュニケーションの不足を招き、また非常に時間がかかり、凝りすぎてしまいます。

しかし、現在ではラピッドプロトタイピングと呼ばれるものがあり、ワイヤーフレームは忘れ去られた存在になったように見えます。

ラピッドプロトタイピングは、デザインプロセスにおいて、クライアントや他のユーザーに対して、プロトタイプをわかりやすく、視覚的に比較できるように提示するための手段です。ワイヤーフレームにありがちな不要な文書や注釈を省き、プランナー、デザイナー、クライアントにとって、より簡単で迅速、かつ優れた方法です。では、ラピッドプロトタイピングが将来的なものであるならば、利用可能な独自ツールの中で何がベストなのでしょうか?

ラピッドプロトタイピング(RP)に携わる人の多くはAxureRPを使用していますが、多くの専門家や実務家はAxureRPに対してかなり深刻な懸念を抱いています。

まずポジティブな点ですが、これは数多くあり、欠点があっても採用する価値があると多くの業界人が納得しています。

  • 幅広い用途に対応する汎用性、パワー、スピード。
  • バージョン管理およびリビジョン管理のための優れたソフトウェアで、チームメンバーやクライアントがどこにいても共有することができます。
  • 自動ドキュメント生成
  • HTMLにエクスポートし、あらゆるブラウザで実行できるため、ユーザーテストが迅速かつ簡単に行えます。
  • プロトタイプは、どのようなデバイスでもそのまま表示することができます。

これらは利点でありメリットですが、欠点はどうでしょうか。Axureには重大な欠陥があり、かなり悪い実践と結果をもたらすと考える専門家の意見がかなり強い。彼らはこう言っています。

  • レイアウトに制約があり、貧弱である。
  • 画竜点睛を欠く
  • むずかしい
  • 八方美人
  • 要素の相互作用を表示することができない

Axure RPのようにプロトタイピングを奨励し、その多くの側面、特にクライアントやチームの参加を促進するという事実と、アウトプットの品質やツールの閉鎖性との間に真の緊張関係が存在するのです。現在使用している人の多くは、このアプローチを可能にすることの利点を理解し、制約に耐える用意があるようです。しかし、より純粋な、デザインや機能主導の開発者は、最適な結果を得るためには、さまざまなオプションが必要だと感じています。あなたの好みは、あなたの仕事のスタイルや、プロジェクトの複雑さや性質から生まれるかもしれません。

私たちは、AxureRPやその他多くのWebサイトデザインツールを直接体験しています。このようなWebサイトのユーザビリティの問題について、より詳しい情報やアドバイスが必要な場合は、私たちの幅広い知識を活用するために、08000 246 247までお電話いただくか、下記までEメールをお送りください。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。