ユーザビリティテストにおける動画の撮影と記録

ビデオユーザビリティテスト

ユーザビリティテスト中に、その場でビデオハイライトを撮影、記録、編集する方法です。

後日、映像を確認できるようにユーザビリティテストを録画することが重要である理由は以前にも述べましたが、映像を撮影するためにはどのようなソフトウェアを選べばよいのでしょうか。

UX24/7では、私たちが惚れ込んでいるのは オボ・ソロこのパッケージは、Moraeに代わるコストパフォーマンスの高い製品で、機能面ではあまり妥協していません。このパッケージの良さは、そのシンプルさだけでなく、2人目の人間が知見を記録し、その場でハイライトを編集できる特別な機能にもあるのです。

もちろん、これには2つのデバイスが必要で、1つはビデオをキャプチャし、もう1つは発生したときにログと編集に使用します。このセットアップの優れた点は、後で膨大な時間を節約できることです。撮影した映像をそのまま記録し、その場でハイライトを作成することができれば、何時間分もの映像に目を通し、重要な瞬間を選び出し、消化しやすいパッケージに編集するという、非常に困難な作業をほんの少し簡単にすることができるのです。

設定方法は2通りあります。ライセンスは 1 台の PC に対してのみ有効ですので、ユーザビリティ・テストの際にプライマリ・デバイスで Ovo を実行し、その上で 無料体験版 を2台目のPCにインストールします。両機が同じネットワークで結ばれていれば、2台目の編集やログオンが可能です。

もう一つは、OvoのiOSアプリをダウンロードして、PCからiPadに映像を流し、タブレット端末でリアルタイムのロギングを行う方法です。

どちらの方法も簡単に実行できます。すでに述べたように、Ovo は使い方が簡単で、ビデオ撮影のための効果的なセットアップを、負担にならない程度の価格で提供します。

ユーザビリティ・テストについて、またユーザビリティ・テストによってウェブサイトやアプリの収益性がどのように向上するかについては、UX24/7までお電話(+44(0)800 0246 247)、またはEメールにてお問い合わせください。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。