イントラネット・ユーザビリティ・テスト

ユーザビリティ・テスト・イントラネット

社内イントラネットのユーザビリティ・テスト

イントラネットのユーザビリティ・テスト(主にタスク・テストと呼ばれる形式)は、イントラネットのアーキテクチャやコンテンツを検証・改善する上で、非常に頻繁に行われるようになりつつあります。これは、潜在的なユーザーに、コンテンツの見出しや説明が書かれた一連のカードを、論理的かつ有用なグループ分けや配列に分類してもらうというものです。この作業は、特別なソフトウェアを使ってオンラインで行うことができるため、本社やメインオフィスにいるスタッフだけでなく、地理的に分散しているスタッフにも参加してもらうことができます。

イントラネットのタスクテストやユーザビリティテストの主な目的は、コンテンツの見つけやすさを確立することです。

調査によると、イントラネットサイトを利用する従業員の意欲や快適さは、コンテンツを見つけやすいかどうかに直接関係していることが分かっています。これは、特定の動機や関心を持ってサイトを訪れるユーザーではなく、特定のタスクや目的を持っている従業員が、できるだけ効率的にサイトに出入りすることを望んでいることを忘れてはなりません。重要な情報やデータを探すのに無駄な時間を費やすことがないよう、迅速かつ明確であればあるほど、スタッフにとって、ひいてはビジネスにとっても有益なのです。

イントラネットの効率は、設計や技術の改善にもかかわらず、過去10年間で実際に低下しているという証拠があります。これは主に、イントラネットに求められるタスクの数と複雑さが増加したことが原因です。そのため、イントラネットのユーザビリティ・テストを実施し、最適に近い状態で動作しているかどうかを判断することが重要です。

イントラネットのテストには、B2BやB2Cと比較して、多くの利点があります。まず、ユーザーを雇用しているため、ユーザーが誰であるかを正確に把握できます。また、イントラネットをどのような目的で使用しているかもほぼわかっているはずです(訪問者の大部分は、スタッフのメンバー、電話番号、担当などを調べたり、給与や経費に関する問い合わせや作業をしていることで、正直言って、ほとんどのスタッフが関心を持っていることです!)。

このように、テストの実施や参加者の募集は、比較的簡単に行うことができます。また、社員と対話し、イントラネットの活用に取り組むきっかけにもなるため、副産物も期待できます。

例えば、必要な商品やサービスを入手・購入する方法、給与体系を決定する方法、特定のセクションの責任者とその連絡方法などです。タスクテストでは、ユーザーがタスクを完了するのがいかに簡単かを評価し、その達成を支援するサイト構造のわかりやすさを評価します。このプロセスは、サイトナビゲーションのモックアップで実施されることが多いですが、既存のサイトでも同様に、パフォーマンスを評価し、改善するために有効です。ほとんどの大規模な組織では、何年も前からイントラネットを使用しているため、既存の構造を評価することが最も一般的な状況でしょう。

イントラネットは、従業員にとっても、経営者/雇用主であるあなたにとっても、重要な情報を伝え、スタッフのモチベーションを高め、指示を与え、管理業務や日常業務をよりスムーズでシンプルにするための貴重なツールです。これを邪魔するものは、あなたの全体的な効率の潜在的なドラッグです。

イントラネットのユーザビリティ・テストに関するお問い合わせは、+44(0)800 0246 247、または電子メールにてご連絡ください。 hello@ux247.com  .私たちは、お客様のニーズをお伺いし、今後の方向性についてご指導・ご協力をさせていただきます。

関連記事

コメントを残してください。