Eコマース・ユーザビリティ・テスト

eコマースユーザビリティテスト

オンライン小売システムのユーザビリティ・テスト

インターネットサイトの大半は、ユーザーに購入してもらうことが目的です。あなたのビジネスがウェブサイトを持つ理由は、結局のところそこにあるのです(他の機能も果たすかもしれませんが)。この事実を踏まえると、サイトのユーザビリティを最適化し、プルスルーとコンバージョンを最大化することが極めて重要です。Eコマース・ユーザビリティ・テストは、最高かつ最も効果的な運用基準を達成するための重要な要素なのです。

このユーザビリティ・テストは、あなたのサイトのeコマース機能のいくつかの重要な側面を評価するために使用することができます。重要なものは以下の通りです。

  • チェックアウト・ユーザビリティ
  • 検索の使いやすさ
  • モバイルユーザビリティ
  • ホームページの使いやすさ
  • カテゴリー別ユーザビリティ
  • 製品一覧のユーザビリティ

チェックアウト・ユーザビリティ

これは当然ながら、あなたのサイトにとって絶対に欠かせない要素です。購入希望者は、この時点で、どのように進めばよいのかがわからない、あるいは、自分が考えているものを、自分が考えている価格で購入できているかどうか自信がない場合、しばしば放棄してしまいます。エラーメッセージの確認や、入力の必須・任意を示すフィールドのマーキング、入力要件や入力の仕方を明確にするなどの機能は、すべてこのプロセスでテストすることができます。

検索の使い勝手

あなたのサイトでは、検索機能はどの程度機能していますか。直感的で、自然で、使いやすいですか?また、検索結果は、有用で論理的な順序でグループ化されているか、1つの基準(例:色)が変更されると更新されて動的に表示されるか、検索者が求めているものが含まれているか、それとも混乱させるだけの余計なものが含まれているかなど、期待される結果になっているかどうか。これらすべて、そしてその他の要素もテストする必要があります。もし、探しているものがすぐに見つからない場合、高い割合のユーザーが検索を放棄してしまいます。

モバイルユーザビリティ

スマートフォンやタブレット端末でサイトにアクセスするユーザーが増えるにつれ、この点はより重要性を増しています。この傾向は今後も続くと思われ、この点に特別な注意を払う必要があります。あなたのサイトは、モバイルプラットフォーム上でどのようなパフォーマンスを見せていますか?このパフォーマンスをユーザビリティ・テストし、実際の機能と期待される機能を比較することで、ユーザーの期待値を測ることができます。

ホームページの使いやすさ

サイト内で最も重要なページであることが多く、このページがどのように見えるか、どのように機能するかによって、閲覧者が次に進むか、あるいは途中でやめてしまうかが決まります。ユーザーがどのような機能を求めているか、また、どのような機能が単に混乱させるだけなのか、テストしてみましょう。すべての製品や選択肢を紹介しようとすると、ホームページにすべてを詰め込みたくなることがあります。しかし、そのようなことはせず、ユーザーや顧客を本当に魅了し、助けるものに焦点を当てましょう。ユーザビリティ・テストは、このような要素を特定するのに役立ちます。

カテゴリー ユーザビリティ

サイト上で商品を分類・グループ化する場合、その分類が購入者にとって有益で論理的であることを確認する必要があります。特定のグループを担当する部門があるからといって、ユーザーが同じように関連付けたり、購入したりするとは限りません。調査によって、購買者が特定の商品を一緒に購入したり、類似や関連として認識したりすることが分かっても、組織的なアーキテクチャの見解に合わないからといって、これを否定してはいけません。顧客の意思決定とその背後にあるものを探り、機能を最適化するのです。

製品一覧

商品ページに掲載する情報は、ユーザーの購買意欲を高めるために重要です。どのような情報が訪問者を惹きつけ、コンバージョンにつながるのかを見極め、リスティング広告に反映させましょう。余計なものを排除し、無駄のない、売上につながる効果的なリスティング広告を実現しましょう。

eコマースのユーザビリティに関するご相談は、下記までご連絡ください。 +44(0)800 0246 247, またはEメール hello@ux247.com .

関連記事

コメントを残してください。