ウェブサイトのUXを向上させる5つのヒント

ウェブサイトユーザーエクスペリエンス

ウェブ上での注目と保持のための大規模な競争が激化する中、何らかの形のユーザー体験(UX)戦略を本当に理解し、実装しているサイトだけが、かなりの程度まで成功する可能性があります。ウェブ上に何かをアップすれば、人々が見て反応してくれた時代は終わりました(そんな時代が本当にあったのなら!)。

ユーザーがWebサイトに求めるものは、今、大きくなっています。

と期待されるのです。

  • ということです。
  • 何をどう売り込んでいるのかが一目瞭然。
  • 見やすく、わかりやすく、操作しやすい。
  • 魅力的で魅力的で。
  • を設定し、透明でシンプルな相互作用と取引を実現します。

このように、ユーザーは快適で分かりやすいユーザー体験を期待しているのです。基本的なことを正しく理解すれば、あなたのサイトに戻ってきてくれるハッピーで忠実なユーザーができ、おそらく友人たちにもその賞賛を伝えてくれるでしょう。しかし、それを誤ると、ユーザーは離れていき、ブランドイメージは失墜していきます。

では、あなたのサイトをこの二律背反の有利な方向に導くには、どうしたらよいのでしょうか。ここでは、重要な要素に注目し、最適化するためのヒントやアイデアをいくつかご紹介します。

ウェブサイトUXのヒント

  1. ランディングページです。 ユーザーがサイトにたどり着いたとき、迷うことがないようにすることです。自分がどこにいるのか、何をしているのか、何を見ているのか、どこへ行けるのか、次のステップで何ができるのかが、はっきりとわかるようにする必要があります。画像、見出し、ナビゲーション機能、メニューなどを最大限に活用し、「何をしたらいいかわからない」「どこに行ったらいいかわからない」という理由でユーザーを失うことがないようにしましょう。
  2. 内容を限定する。 最初のインタラクションが適切でポジティブなものであるように、ユーザーが何を求めているかを予測し、それを大きく取り上げ、主目的の妨げになったり混乱させたりするようなものを排除します。
  3. 均一性とばらつき。 Webサイトのページは、すべて同じ組織に属しているように見える必要があり、無造作に集められた情報の束であってはなりません。ただし、すべてのページが同じレイアウト、色、要素でまったく同じに見える必要はありません。これでは、ユーザーは退屈し、興味を失ってしまいます。コーポレート・エレメントに必要なものを見極め、上手に、しかし控えめに使うことで、サイトに統一感を持たせつつ、創造性や表現力を発揮させることができるのです。
  4. モバイルに最適化する。 携帯電話からサイトにアクセスするユーザーは、ますます増えています。モバイルユーザー向けにサイトを最適化していない場合、コンテンツを見ることができず、適切に操作できず、サイトに必要なユーザーエクスペリエンスを得られない、不満や怒りを抱えた多くのユーザーを抱えてしまうことになります。ユーザーが、このサイトを使いたい、また戻ってきたいと思うようなものを提供できるようにしましょう。
  5. バーチャルアシスタント/ライブチャット オンライン・アシスタンス機能は、今や不可欠なものとなっています。ユーザーは、問題を議論し、迅速に解決できることを期待しており、この機能が利用できない場合は、かなり迅速に不満や不平を感じるようになります。

ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス向上についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。 電話:+44(0)800 0246247、メール:+44(0)800 0246247まで。 hello@ux247.com をクリックしてください。

関連記事

コメントを残してください。