モバイルUXを向上させる方法

モバイルUX

近年、モバイル・ユーザー・エクスペリエンスはユーザビリティの非常に重要な要素となっており、アクセシビリティ、ユーザビリティ、機能性の面で大きな進歩が見られます。すべての業界や企業が同じように熱意をもってこの機会を受け入れているわけではありませんが、受け入れている企業は、革新と開発に対してオープンであることを示しています。

しかし、モバイルインターフェースにおけるユーザーの問題点はほとんど変わっていません。

  • 画面サイズと読みやすさ - ということです。より読みやすい画面を持つ大型の携帯電話の登場にもかかわらず、この問題は依然として多くのユーザーにとって大きな問題です。
  • 入力時の問題点 特に、手先が不器用な方や指の大きな方にとっては、大きな問題です。
  • 不足 アダプテーション を小さくすることで、分かりにくくなり、ユーザビリティが損なわれています。

モバイルを利用して移動中にウェブサイトにアクセスする人が増えており、特にオンライン情報や製品比較などを利用してショッピングや購入の意思決定をする際に、その傾向が顕著になっています。このことは、ビジネスにおいて何を考慮すべきかを考える上で、非常に明白な手がかりとなります。 モバイルサイト.

以下は、あなたの上位に含まれるように考慮されるものの例です。 優先順位リスト とスマートフォンから簡単にアクセスでき、その根拠やメリットも合わせてご紹介します。

  1. 店舗検索店舗所在地を携帯電話で確認するユーザーの割合は非常に高いです。もし、店舗へのアクセスしやすいリンクがなければ、来客数を増やすチャンスを逃してしまうことになります。郵便番号やGPSを利用して「最寄りの店舗」を表示させることができれば、さらに効果的です。
  2. A 店舗在庫確認 また、ユーザーにとっては、欲しい商品がいつどこにあるのかを知ることができ、無駄な移動、フラストレーション、会社のビジネス損失や評判の低下を防ぐことができるのです。
  3. アップフロント 製品リストへのアクセス これにより、ユーザーが探している商品があるかどうかを簡単に調べることができます(ない場合は代替品を提案することもできます)。
  4. 営業時間 消費者にとって、店に行ったらもう閉まっていた、というのは非常に残念なことです。ブラックフライデー、クリスマス、その他の祝日などの特別な営業時間も、ここで強調することができます。
  5. 組み込み 音声起動 の指示や情報を提供することで、スマートフォンでのサイトのユーザビリティが大幅に向上し、ユーザーエクスペリエンスを高めることができます。ユーザーに継続的な会話と物語を提供するチャットボットは、さらに優れたソリューションとなるでしょう。
  6. 代替ナビゲーション ハンバーガーメニューやジェスチャーを使ったサイト内移動などのソリューションは、小画面環境では有効です。
  7. 視覚的に 分離機能領域 色彩、陰影、コントラストを駆使して、ユーザーがどこにいるのか、どんな選択肢があるのか、どうすれば快適に移動できるのかがわかるようにします。

この重要なプラットフォームに対応するために、モバイルサイトをより使いやすくすることにご興味がある方は、ぜひ私たちにご連絡ください。 +44(0)800 024624 またはEメールでお問い合わせください。 hello@ux247.com

関連記事

コメント (1)

[ユーザーがデバイスとどのように相互作用し、デバイスの周りを移動するか、そしてモバイルユーザーエクスペリエンスの全体的な品質にとって不可欠です。このことは、あなたにチャンスと[...]の両方を提供します。

コメントを残してください。