eコマースのバスケット放棄とユーザーエクスペリエンス

eコマースユーエス

Eコマースの担当者は、どこでも買い物かごの放棄率について心配しています。実際、弊社でも、ある小売業のお客様のために、買い物かごの放棄率と、ユーザー・エクスペリエンスがいかに良い影響を与えるかについてまとめたレポートを作成したところです。しかし、オンライン・ストアで経験しているパフォーマンスが良いのか悪いのか、あるいは無関心なのかを知ることは難しいため、まず最初に、良いとはどのようなものかを説明する必要がありました。

買い物かごの放棄を測定するために使用される最も一般的な指標は、「カート放棄率」です。これは、買い物かごに商品を入れるためにクリックした人の総数を、実際にチェックアウトのプロセスを開始した(完了しなかった)人の総数で割って算出されます。また、によると ベイマール研究所 業界平均のカート放棄率は67.9%です。

ここでは、その対策として3つのことを紹介します。

サプライズ

もし、本当にユーザー体験を向上させ、離脱率を下げたいのであれば、特に購入プロセスの後半で、お客様に好ましくない驚きを与えることは避けてください。配送料を隠しておきながら、顧客が支払おうとしたときに突然明かすのは、濡れた魚で顧客の顔を叩くようなものです。店頭でそのようなことはしないでしょうから、オンラインでもしないようにしましょう。早めに伝えることで、お客様は購入を断念するかもしれませんが、少なくともお客様を失望させることはないでしょう。

マーケティング情報

もちろん、顧客からマーケティング情報を残らず収集したいのは当然ですが、顧客が購入手続きに入る最初の時点でそれを行うのは適切ではありません。もしあなたが、お気に入りの食料品店のレジに大きな警備員が立っていて、歯磨き粉の支払いをする前に、生年月日、自宅の電話番号、電子メール、年齢、性別などを記入させることを想像してください。そうすれば、あなたはその店を出て、二度と戻れないでしょう。

なぜネットでは違うのか?いいえ、そうではありません。顧客の信頼を獲得し、個人情報を共有する正当な理由を与え、見返りを提供すれば、エンゲージメントが低下するどころか、向上することに気づくかもしれません。

強制的に登録する

我々はすでにゲストチェックアウトの悪夢について記事を書きましたが、ここで改めて説明する価値があります。もしあなたがゲストチェックアウトルートを提供し、新規顧客がそれを使用することを決めた場合、彼らはゲスト以外のルートよりもより良い、シンプルなユーザー体験になると考えていることはほぼ間違いないでしょう。ゲストチェックアウトを登録ユーザールートとほぼ同じかそれ以上に複雑にすることで、この幻想を打ち砕かないようにしてください。

Eコマースサイトのカゴ放棄を減らす方法について詳しく知るには れんらくをとる

関連記事

コメント (1)

[バスケットの放棄率が平均69%であることから、チェックアウトのユーザビリティを確保するためにあらゆる努力をする必要があります。消費者が希望する支払い方法を提供することは、消費者の国がどこであろうと、ほんの一例に過ぎません[...]。

コメントを残してください。