オンラインショップのためのユーザーエクスペリエンスに関する10のヒント

UXオンラインストア

オンラインショップのためのユーザーエクスペリエンス10のヒント(パート2)

この記事のパート1では、オンライン小売業者がユーザーエクスペリエンスを向上させるための分析やイノベーションの重要性など、5つのヒントを紹介しました。ここでは、その特集の第2部として、小売業者にとってのさらなる5つのヒントをご紹介します。

  1. ソーシャルメディアを活用する。 Facebook、Twitter、YouTube、Google、Pinterest、Flickr などのソーシャルメディアを活用することで、販促活動を強化することができます。顧客はすでにこれらのサイトを利用しており、彼らの友人や同僚もサイトを利用しているはずです。また、友人や同僚もこれらのサイトを利用しているはずです。
  2. バーチャル試着。 現在、導入しているサイトはそれほど多くありませんが、すぐにでも導入され、大きな成功を収めるでしょう。基本的な原理は、ユーザーがAR(拡張現実)プログラムを通じて、商品のサイズや見た目をバーチャルに試すことができるというものです。例えば、衣料品であれば、PCのウェブカメラで着心地を確認することができます。また、家具や装飾品、カーペットなどにも応用できます。この技術が適切に設計され、使用されれば、ユーザー体験を向上させる強力なツールとなります。(YouTubeにあるZugaraのショッピングアプリのデモを見れば、その仕組みがわかるでしょう。)
  3. プライスアラートを利用する。 オンラインで買い物をするほとんどの人は、価格を見て購入し、最もお得な情報を見つけるためにサイトをブラウズします。そのため、特別価格や値下げ、その他のプロモーションがある場合は、潜在顧客に知らせることが重要です。あなたのサイトに興味を持った訪問者にオプトインしてもらえば、彼らのEメールアドレスも手に入るので、すべてのラウンドを勝ち取ることができるのです。
  4. クリエイティブであること。  新しいことに挑戦することを恐れず、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、斬新で革新的なコンセプトで臨んでください。たとえうまくいかないものがあったとしても、必ずやうまくいくものが見つかるはずです。また、競合他社は自社サイトにその機能を搭載していないため、独自の工夫をすることで、競合他社を圧倒することができます。競合他社があなたのアイデアを真似し始めれば、それが正しいかどうか分かるでしょう。また、顧客からのフィードバックやデータ分析によって、これまで考えもしなかったような方向性が示されることもあり、限界をさらに広げることができます。
  5. こんな落とし穴にご注意ください。 小さく、読みにくく、バラバラな商品説明では、ユーザーの購買意欲を高めることはできません。また、デザインが悪く、古風なカスタマーサービスやレジも同様です。革新的な技術や画期的な機能にとらわれ、基本的なことを忘れてはいけません。顧客にサービスを提供し、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、販売を成立させることは依然として必要なことです。最終的な目標を見失わないようにしましょう。

この分野は継続的に発展しているため、今後のブログで取り上げる可能性があります。特にコンバージョン最適化に関する最新動向を把握し、貴社の小売サイトが競争力のある最先端であることを確認したい場合は、0800 0246 247にお電話いただくか、以下のメールアドレスにお問い合わせください。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。