UXデザインにおけるアイコンの使い方

UXデザインアイコン

アイコンは、UXデザインにおいて機能を素早く識別するための非常に便利なデバイスですが、人々がアイコンを信頼したり理解したりしなくなると、すぐに混乱し、使用の妨げになることもあるので、何をどのように使用するかについて注意する必要があります。

アイコンは3つのカテゴリーに分類されます。

  1. ユニバーサルその名の通り、広く容易に認識できる曖昧さのないものですが、残念ながらそのようなものはほとんどありません(ホームマークや検索用の虫眼鏡がその代表例です)。
  2. ユニーク 特定のサイトでの特定の用途のために開発されたアイコンです。このようなアイコンはすぐに見分けがつくものではありませんが、広範囲に使用されれば、訪問者はすぐにその目的や呼称に慣れるという利点があります。
  3. 相反するアイコンについてこれは、同じアイコンが異なるサイトで異なる用途に使用されている場合に起こります。例えば、ペンのアイコンは「手紙を書く」、「フォームやボックスに記入する」、矢印は「元に戻す」、「戻る」などを意味します。

アイコンは、その機能を説明するテキストラベルを使用して説明することができます。これは、ある程度目的を逸脱していますが、関係性と関連性を確立するのに役立ち、十分に使用すれば、アイコンがユーザーの心をつかむことができるかもしれません。アイコンを新しくデザインする場合は、アイコンと機能の間に何らかの相関関係があり、人々がリンクして記憶できることが非常に重要です。他のサイトでの類似機能のアイコンを調査し、ユーザーが見たことがあるような、使い方を示唆するようなものを作れば、組み込まれる可能性は高くなります。

その他、UXデザインに取り入れる際に考慮すべきアイコンの重要な特徴は以下の通りです。

  • ボタンを何度も押して、結局拡大しなければならないことほど、イライラすることはありません。また、アイコンとアイコンの間に十分なスペースを確保し、ユーザーが間違ったアイコンを連打しないようにしましょう。
  • テキストラベルを使用する場合は、アイコンがテキストの左側にあり、テキストと直接関連付けられるほど近くにあることを確認し、代替案として混乱させないようにしてください。
  • うまく機能するアイコンは、大きなディテールや装飾がなく、代表的なものの形や性質を強く示唆するシンプルなものです。
  • アイコンをこれまで目にしたことのない人々にテストすることは、常に意義のあることです。これにより、親近感、サイズ、位置、視認性、期待度など、多くの情報が得られ、あらゆるレベルで機能するアイコンを開発することができます。

アイコンは、サイトのUXデザインにおいて、特にモバイルアプリのような限られたスペースで作業する場合、大きな資産となります。アイコンの開発や使用方法についてもっと知りたい方は、下記までご連絡ください。 hello@ux247.com.

関連記事