シングルページ・ユーザビリティ・テスト

ユーザビリティ・テスト

1ページだけでもユーザビリティ・テストできますか?

もちろん、お金を払えば、どんなものでもユーザーテストが可能です。しかし、本当の問題は、その費用と手間をかけるだけの価値があるかどうかです。 ユーザビリティ・テスト 1ページだけですか?これに対する明白な答えは「ノー」だと思うかもしれませんが、そう単純ではありません。

例えば、ホームページは多くのウェブサイトで最も重要なものです。多くの訪問者にとっての出発点であり、主要なナビゲーションでもあります。そのため、インパクトのあるデザインにする必要があり、特に力を入れて作らなければなりません。

しかし、ホームページだけが重要なページではありません。ユーザビリティ・テストは、製品リストページ、詳細ページ、チェックアウトページなどに焦点を当てることができます。独自の調査とフィードバックにより、サイトの最も重要なエリアと、最高の投資効果を得るためにテスト作業を集中的に行うべき場所が示されるかもしれません。

この種のタスクに取り組むには、いくつかの方法があります。自動化された方法では、マウスの動き、アイトラッキング、ユーザーのクリックスルー、ページとの一般的なインタラクションに基づいて、かなり迅速かつ大まかな結果を得ることができます。しかし、これでは、サイトの基本的な仕組みに関する情報しか得られません。より定性的で、おそらくより役に立つ、実用的なフィードバックが必要な場合は、インタラクティブ・ユーザビリティ・テストを実施する必要があります。

テストにおいて、あまりに指示的であることは必ずしも良いことではありません。参加者が何をしなければならないかを指示し、その通りに誘導すると、アクセシビリティ、理解、ナビゲーションのしやすさといった点で、あなたのサイトの他の問題を覆い隠してしまうことがよくあります。しかし、これらの問題に興味がない場合、または、これらの点におけるサイトの欠点をすでに把握していると確信している場合は、当然ながら、より直接的なテストを行うことができます。

非常に特殊な機能、新しいページ、または既存のページのまったく新しいレイアウトをユーザビリティ・テストする場合、おそらくユーザーは、サイトを移動してそのページを見つけるのに時間を浪費するのではなく、そのページに直行することを望むでしょう。(そして、ユーザーがそのページにたどり着けず、別の場所に行ってしまう可能性も常にあります。)

この種のユーザビリティ・テストから最大の利益を得るには、非常に明確な目標、およびその目標を反映し、目標達成に直接貢献する手順と質問セットを用意する必要があります。たとえば、ホームページをテストする場合、ホームページで何をしてもらいたいか、ビジネスや製品およびサービスについて何を語っているか、ユーザーをどこに誘導し、どのようにそこに連れて行くかを決めます。このような目標を達成するために、トップページがどれだけ効果的か、どこが有効でどこが無効かをテストすることができます。同様に、他のページも単独でテストすることができます。そのページがどのような機能を持ち、ユーザーにどのように接してほしいのかが明確であれば、そのページがどの程度機能しているのか、具体的に何が問題なのかを判断できる可能性が高くなります。

特に重要な部分に焦点を当てて慎重にテストを構築することが、価値のある、使える結果を得るための鍵です。

サイトの単一ページやアスペクトのユーザビリティ・テスト、または一般的なユーザビリティ・テストについてお考えの方は、以下までご連絡ください。 +44(0)800 0246 247またはEメール hello@ux247.com お客様のニーズや、有益なプログラムの企画・提供についてご相談ください。

関連記事

コメントを残してください。