チャットボットがユーザーエクスペリエンスに与える影響

チャットボットのユーザーエクスペリエンス

チャットボットによるユーザーインタラクション

明らかに、あなたが提供する目的は 人工無脳 は、ユーザーエクスペリエンスを向上させることです。これができなければ、どんなに優れた革新的な技術であっても、何も達成したことにはならないのです。しかし、チャットボットを価値あるプロジェクトとして成功させるためには、どのような目標を設定すべきなのでしょうか。

あなたのビジネスにとって良いスタート地点は、人々があなたのウェブサイトでどんな問題を経験しているか、そして放棄の主な理由は何であるかを監査することかもしれません。チャットボットでこれらの問題を解決できれば、ウェブサイト(ひいてはビジネス)の収益と効果に非常に貴重で重要な貢献をすることになります。

も、潜在的にはある。 二相 開発時に考慮すべきチャットボットとユーザーとのインタラクションの

  1. チャットボットとのインターフェースは 主要プラットフォーム (Facebook、YouTube、Siriなど)を通じてアクセスされる可能性が高いのです。この分野のポジショニングとプロモーションを正しく行えば、これらのプラットフォームからの紹介が増え、最終的にはビジネスの拡大につながるという意義があります
  2. チャットボットとのインターフェースは ユーザー特に、最初のやり取りは、ユーザーがチャットボットを使い続けるか、戻ってくるかを左右する可能性があります。

では、チャットボットは、ビジネスに役立ち、ユーザー体験を向上させるために、何を提供できるのでしょうか。

  • 製品の識別とアクセス。 ユーザーは、どんなに具体的な検索記述をしても、自分のニーズやスペックに合った製品をサイト上で見つけることが難しい場合があります。チャットボットがユーザーの情報を受け取り、ニーズを満たす的確な商品選択肢に変換することができれば、それはユーザーにとって大きな財産と認識され、サイトにとっても大きな後押しとなります。
  • お客様情報です。 ユーザーにとってもう一つの不満の種は、個人情報を提供し続けなければならないこと、または、自分自身や購入品、その他あなたのビジネスとのやりとりを特定するために、書類、参照番号、クレジットカード明細などを掘り起こす必要がある情報です。チャットボットが基本情報を取得し、それを過去のすべてのデータとインタラクションを含む顧客ファイルに関連付けると、プロセスがスムーズになるだけでなく、ユーザは自分が何をしているかを知っているビジネスと取引していることを印象づけ、安心させることができます - そして気にかけることができます。
  • 消費者の意思決定プロセスを理解する。 顧客は、自分が何を求めているのか、何があれば自分の要求を満たせるのか、必ずしも正確に把握しているとは限りません。ボットがユーザーニーズの本質を理解し、製品と機能がどのように連動しているかを理解するようにプログラムされていれば、ボットは提案を行い、お客様をイライラさせたり無意味にするのではなく、有益で啓発的な旅に導くことができるはずです。
  • スピードと使い勝手の良さ チャットボットは、対話と検索のスピードを大幅に向上させ、ユーザーがサイトやビジネスと対話しやすくする必要があります。これは、エクスペリエンスの向上という意味だけでなく、あなたが販売できる時間、そして販売範囲を拡大できる可能性が高まることを意味します。

これらのメリットをすべて実現するには、ユーザーベース、彼らがどう考え、何を求め、どのように交流しているかを理解することから始まる、大きなプロセスです。市場分析とユーザー・エクスペリエンス・リサーチは、これらの目的を達成するための最良の方法です。このような旅の始め方、展開の仕方についてのご相談は、電話(+44(0)800 0246247)またはEメール(+44(0)800 0246247)でお受けしています。 hello@ux247.com.

関連記事

コメントを残してください。