ユーザビリティ・テストのさまざまな側面

ユーザビリティ・テスト

ユーザビリティテストの方法論と目的

いつ ユーザビリティ・テスト という話になると、多くの関係者は、テストに複数の種類があることに気づかず、混乱を招いてしまうかもしれません。

ユーザビリティ・テストの種類に言及するとき、私たちはテストの方法論と目的の違いについて話しています。

ユーザビリティ・テストの方法論

対面式テスト - 被験者が研究施設にいることが多く、必要に応じて司会、観察、補助ができるところ。

リモートテスト - これは、ユーザーが電話回線の端にいる(あるいは孤立している)状態で、スクリプト、画面上の指示、またはテストを管理する特別なソフトウェアの助けを借りてテストを実施するものです。

特定技術試験 - アイトラッキング、マウスクリックトラッキングなど、専門ソフトが画面のどこを見ているか、どこをクリックして移動しているかを記録する技術です。

インタビュー、パネルテスト、ダイアリーテストなど - また、必ずしも製品を直接テストする必要はありません。エスノグラフィーの研究では、ユーザーを自然な環境で観察し、行動、欲求、意見などのデータを収集します。

ユーザビリティテストの目的

どの方法を使うかは、ユーザビリティ・テストの具体的な目的が何であるかによって、ある程度決まってきます。例えば

ベンチマーク調査 - これは、サイトやプロトタイプと新しいデザインとの比較データを提供するために設計されたものです。これは、特定のインタラクションや機能をテストするために、具体的で比較可能なデータを必要とします。

製品の使いやすさ/課題の抽出 - ユーザビリティテストでは、ユーザーがWebサイトやアプリをどのように操作し、何が役に立ったのか、あるいは混乱したのかについて、正確なデータを収集することができます。ユーザーが選択肢や機能をどのように利用するかは、問題となる特定の要素や製品に焦点を当てた、綿密なユーザビリティ・テストが必要です。この種のテストの目的は、ユーザーに最も透明で分かりやすい体験を提供するために、問題を発見し修正することです。

意識調査 - これは、ユーザーが何をするかということよりも、何を考え、何を信じるかということに焦点を当てることになります。これは、より広範な戦略を定義し、ウェブサイトの構造や要素、画像、機能、言語などを開発する際に役立ちます。デザイナーやデベロッパーに特定の技術的な情報を提供するのではなく、開発のための理念やフレームワークを提供することを目的としています。

ユーザビリティ・テストは、潜在的に混乱しやすい分野であるため、事前に慎重に検討し、目的、目標、および望ましい結果を厳密に定義することが重要です。広範な態度情報を求めている場合は、このような状況での議論を促進し、刺激するようなテクニックを取り入れる必要があります。通常、事前に専門家に相談し、何が利用可能で、何が組織の目的に合っているかをよく理解することが望まれます。

ユーザビリティ・テストの具体的な内容については、お電話(+44(0)800 0246 247)またはメールにてお問い合わせください。 hello@ux247.com または 連絡先.

関連記事

コメントを残してください。