eコマースのユーザーエクスペリエンス - メガドロップダウンとモバイル

eコマースのユーザーエクスペリエンス - モバイルでのメガドロップダウンはどうなるのか?

メガドロップダウンメニューは、お客様にナビゲーションオプションを提示し、eコマースのユーザーエクスペリエンスを向上させる素晴らしい方法です。

メガドロップダウンで

  • サブメニュー、スクロール、ユーザーの短期記憶(通常のドロップダウンと同様)に頼ることなく、包括的な選択肢を提示することができます。
  • 選択肢を相対的な小頭のセットに整理することで、ユーザーが必要な場所をよりよく理解することができます。
  • メニュー内にアイコン、画像、ツールチップ、タイポグラフィを使用し、よりスキャンしやすくする

メインサイトでは、メガドロップダウンはユーザビリティの点で夢がありますが、モバイルでのユーザーエクスペリエンスに関しては、推奨されるナビゲーション形態ではありません。

メガドロップダウンがモバイルに向かない理由

eコマースで優れたユーザー体験を実現するには、すべてのプラットフォームでシンプルさ、一貫性、使いやすさを追求する必要があります。残念ながら、メガドロップダウンはこの条件に当てはまりません。

主な問題点は以下の通りです。

  • 相互作用の方法 - メガドロップダウンは、マウスオーバーでメニューが表示されます。マウスを使えば、メニューを開いたまま、必要なオプションを選択することができます。しかし、モバイルのタッチスクリーンでは、それが事実上不可能なのです。
  • 画面サイズ - 画面サイズが小さくなればなるほど、ナビゲーションとして重要な選択肢をお客様に提示することがより重要になります。RWDはメガドロップダウンメニューを簡素化しますが、小見出しや階層的な配置、スペースが犠牲になる可能性が高く、長いリストですべてのオプションを表示すると、ワンクリックのメニュー体験が壊れ、重いスクロールが必要になり、うまく操作するには短期記憶に頼らざるを得なくなります。
  • ズーム - スマートフォンには、すべてのユーザーのeコマースユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ズーム機能が搭載されています。しかし、ページを拡大した状態でメガドロップダウンメニューを起動すると、メニューの一部しか表示されないため、選択肢の一部が表示されない可能性があります。

そのため、最高のeコマースユーザーエクスペリエンスを提供するとなると 何れも モバイルのユーザビリティにとって、巨大なドロップダウンメニューは悪夢となる可能性があります。

お客様に、より良いeコマース・ユーザー体験を提供します。 お問い合わせ をご覧ください。

関連記事

コメント (1)

[...] 以前のブログ記事でメガドロップダウンメニューの問題をすでに見ているので、この記事では [...] の課題により多く対処したいと思います。

コメントを残してください。